SASHIASHIの感想

12月 15, 2016
KijimaMegumi

いつもCCPのウエアーをご愛用頂いている方から先日ご購入されたSASHIASHIの感想をメールで頂きました。

私は、SASHIASHIは残念ながら穿いておりませんので、ここまで素晴らしい感想文はかけません。

やはり使っている人の生のお声が一番です!ということで、許可も頂き、その感想を抜粋させて頂きます。

 

SONY DSC

PT-AB13 SASHIASHI 

 

ここから ——————————————————————————-

 

SASHIASHIの感想を書いていたら、超長駄文になってしまいました。
それほど感動したということで、これからもワクワクするような
ウェアを期待しております。

展示会の時には食指が動かなかったのにカタログを眺めているうち
じわじわと欲しくなってしまったこの一本。期待を裏切りませんでした。

自転車に乗ると、改めてよく考えられているなぁとつくづく感じました。

ひざ下から裾にかけてのキレイな細さはペダリング時にもばたつくことがないので
当然のことながら裾とチェーンとの干渉がないので余計なことを気にせずペダルを
回すことができます。

膝には、CCPのパンツなら当たり前でしょとばかりにダーツが入っており
さらにはひざ下からの後ろ側の生地の布目を45度回転させたバイアス使い
されていることと相まって、ストレッチ性のない生地にも関わらず、抜群の
動きやすさ!激しいペダリングでもストレスを感じさせません。

今、正座しながらメール書いているんですが、正座していても膝周りのつっぱり感が
ないのでひざ下からかなりタイト目かつストレッチ性のない生地のパンツで
このストレスのなさに自転車を漕いでいるときと同様、驚いています。

さて、このパンツの最大の特徴である両サイドに設けられた、ベルトループ真下から
膝上まである長〜い2本のファスナー。
ファスナーの縫い付け方も面白く、片側のテープは内側に、もう片側のそれは外側に。
デザイン的なアクセントなのか、機能的なところも含まれているのか…

前方は上から下にガバッと開くことでマチが広がり可動域の確保に
毎回、開ける時その開放感に「あっ」とか「おっ」とか声が出てしまうほど。(個人差があると思いますが)

後方は2分割されており、上半分を開けるとバックポケットにアクセス。
後ろポケットは手の動きをよく考えられて配置されていて手の収まり具合がとても良いです。
下半分を開けるとリフレクターが覗くという、ギミック。たまりません。
前方のファスナーの長さに合わせたらキレイに収まるから追加でリフレクタ内臓のファスナーを追加したのか
最初からリフレクターありきだったのか…なんだか制作段階のあれこれが想像に難くないです。

そして前後方ファスナー同時開けすればかなりの開放感とともに同様の可動域が確保されます。

これは走行中に実感しましたが、前後のポケットの内側はメッシュ生地になっていて
前後のファスナーを開ければベンチレーションの役割があるのでしょう。
この寒空の下では冷たい風が入ってきましたが、暖かい時期には相応の機能を果たしてくれそうです。

ちなみにファスナーを全開にした時の状態を、ガンダムUCというアニメの中でユニコーンガンダムが
覚醒した状態にとても共通点があったのでデストロイモードと勝手に呼ばせていただいております。
デストロイモードでは、装甲が開き、その間からは光る内部構造が覗き、機動性が格段に向上する…といった具合です。
SASHIASHIも開くと、格段に可動域が向上し、しかも光る!

この完成度で、忍者の域にまだ達していないとのことですがアップデートする日はやってくるのでしょうか
そして「SHINOBIASHI」としてリリースされるモノは暁にはどんなパンツになってしまうのでしょうか。

現状でも大変満足していますが、その日が来るのを期待しています。
それでは。

————————————————————–ここまで

 

SONY DSC

PT-NB12 ニッカーズ   HT-N110ハンチング

 

お店にいらしたスタイルも、とても素敵なコーディネートでした。

同素材のハンチングをプラス。

こんな素晴らしい感想をブログに掲載したけれど、残りあと4本!

 

megu

 

 

 

 

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>